マツドアケミさんの本を読んで

グルーデコ認定講師・ココビジュー講師
Atelier coro-coro (アトリエコロコロ)坂巻里美です。

マツドアケミさんの本
「高くても売れる!ハンドメイド作家のブランド作りの教科書」
を読み返しています。

グルーデコ・ココビジュー教室 アトリエコロコロ マツドアケミさんの本

この本は昨年購入して、2回ほど読みました。
それからしばらく置いてあって、久しぶりに読もうと棚から出して来ました。

すると、以前に読んだ時と違う感覚が!

今は、実際に教室を始めたり、委託販売を始めたりしているので、まだ始めていなかった時とは感じ方が違うようです。そんな自分に驚きました。

それに、あの時は、読んで感心しただけで終わっていました。

今回は、実際に本の中のワークをしたり、考えて書いて落とし込むことまでしたいと思っています。

少しだけ、本の感想を。

ペルソナについて

「ペルソナ」って私のたった一人のお客様ですよね。
私の中ではペルソナを考えていたつもりでした。
ところが、本を読み返してみると、ペルソナの設定の細かいこと!
「え、ここまで決めるの?」って思いました。

年齢はもちろん名前までつけて。

職業や普段読む雑誌、細かく設定されています。

あの時も読んだはずなのに、今回なぜかそう思いました。

値段のつけ方について

「ハンドメイド品は制作時間の長さが必ずしも高い価値になるわけではない」、と書かれています。

いくら長い制作時間をかけても、できあがった作品が、市販品以上の魅力を感じさせられなかったら、高値をつけることは難しいって。

つい、「制作にこんなに時間がかかったのだから」と思ってしまいがちですが、確かに作品自体に価値を感じてもらえなければ誰も高値で買ってくれません。

これから意識していこうと思った点です。

何度も読んで、ワークをして、今より少しは進化したいと思います。